モノローグ

文芸(単行本)
モノローグ
  • 電子あり
モノローグ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三島由紀夫/ミルチャ・エリアーデ/小林秀雄/紫式部/ランボー/トーマス・マン/ボルヘス/森鴎外/ピカソ/篠山紀信/フランク・ロイド・ライト/マイルス・デイヴィス――文学、音楽、美術、建築、そして、自らの作品について論じた ファーストエッセイ集。『日蝕』の衝撃的デビューから現在まで、常に時代の最前線に立ちつづけた著者の軌跡


三島由紀夫/ミルチャ・エリアーデ/小林秀雄/紫式部/ランボー/トーマス・マン/ボルヘス/森鴎外/ピカソ/篠山紀信/フランク・ロイド・ライト/マイルス・デイヴィス――文学、音楽、美術、建築、そして、自らの作品について論じた ファーストエッセイ集
『日蝕』の衝撃的デビューから現在まで、常に時代の最前線に立ちつづけた著者の軌跡

三島由紀夫の新たな読みを提示した「『金閣寺』論」、「『英霊の声』論」を中心に、あらゆるジャンルにわたって書かれたエッセイ集。現代における最重要人物・平野啓一郎がデビューから10年、主に20代に考えたこととは――

私が文学というものに目覚めたきっかけが、14歳の時の『金閣寺』体験だったことは既に方々で語ってきたが、ここで強調したかったのは、『金閣寺』及び『鏡子の家』の両作が、戦争体験と昭和40年代の政治活動とに挟まれた、三島の生涯に於ける決定的な分水嶺であったという点である。――<「あとがき」より>

目次

  • I 作家論、評論
  •  『金閣寺』論
  •  『英霊の声』論
  •  幸福にならなかった王子──オスカー・ワイルド
  •  歴史的都市の現代人──塩野七生『ローマの街角から』
  •  「時間」の克服──ミルチャ・エリアーデ
  •  芸術家的な、余りに芸術家的な──小林秀雄
  •  「なのめなる」ことへの憧れ──『紫式部日記』
  •  翻訳の意義
  •  ボルヘスと「現在」
  •  百聞は一読に如かず
  •  見出される希望──ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」
  •  『決定版 三島由紀夫全集』に寄せて
  •  『決定版 三島由紀夫全集』の完結に寄せて
  •  建築家も、基本はモチロン、「読み、書き、ソロバン」?
  •  最近になって「処女作」を読んで──高橋源一郎『ジョン・レノン対火星人』
  •  「国を愛せ」と命ずることは可能か?
  •  失われた「現実」を求めて
  •  富士山の「絶頂」/ジダンの「頭突き」
  • II 建築、演劇、音楽、美術
  •  バルセロナ時代の若いピカソ──異質なるものとしてのスペイン
  •  タブローと生活──ル・コルビュジエ『ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸』にて
  •  試みとしての「庭園」──イサム・ノグチ《ユネスコ本部の庭園》
  •  誕生と言葉──カンディンスキー
  •  都市という名の建築史──フランク・ロイド・ライト
  •  「陰翳」は、いたるところに──『陰翳礼讃』と「インターナショナル・スタイル」
  •  女の不思議──『私のように美しい娘』(フランソワ・トリュフォー監督)
  •  転換の魔術──劇団四季『オペラ座の怪人』
  •  そして何時までも揺れ続ける……──劇団四季『コンタクト』
  •  創造的自由の曙
  •  とあるフランス人の感想から──第十一代目市川海老蔵襲名披露パリ公演
  • III 自作解題
  •  贅言──『日蝕』の為に
  •  『葬送』について
  •  日記のための日記──一人称代名詞を巡る考察
  •  方法を巡って──『高瀬川』
  •  はじめに「リズム」ありき
  •  『滴り落ちる時計たちの波紋』について
  •  『滴り落ちる時計たちの波紋』前後
  •  匿「顔」の世界──『顔のない裸体たち』について
  •  あとがき

製品情報

製品名 モノローグ
著者名 著:平野 啓一郎
発売日 2007年12月06日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-214389-9
判型 四六
ページ数 392ページ
初出 収録作品参照

書店在庫を見る

オンライン書店で見る