横浜開港絵巻 赤い崖の女

文芸(単行本)
ヨコハマカイコウエマキアカイガケノオンナ
横浜開港絵巻 赤い崖の女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ラシャメン、居留地、清国人の妻――
横浜・本牧の赤い崖(マンダリン・ブラフ)から、希沙は運命の荒波に呑み込まれていった。
横浜開港150年記念企画

ラシャメンから下働きに落とされた希沙は、ただ一人、優しい言葉をかけてくれていた加世とともに、英国人貿易商ウエルズの家に、岩亀楼から派遣された。が、遊郭も居留地も焼き尽くした豚屋火事で焼け出され、清国人の周とともに神戸に移った。時を経て横浜に戻った希沙は、またも運命に翻弄される。かつて、希沙をどん底に陥れた張本人は誰だったのか。希沙に平安は訪れるのか。150年前の横浜を生きた女・希沙の半生を描く。

製品情報

製品名 横浜開港絵巻 赤い崖の女
著者名 著:山崎 洋子
発売日 2007年11月28日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-214349-3
判型 四六変型
ページ数 326ページ
初出 『公明新聞』2005年8月18日~2006年9月30日。単行本化に際し、大幅に改稿。

書店在庫を見る