七里湖

文芸(単行本)
シチリコ
七里湖
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大庭みな子 最後の長編小説
「三匹の蟹」以来、女性として、文学者として常に刺激を与え続けてきた著者の、病に倒れる直前まで執筆していた、未完の作品。

そして、天上から、あるいは七里湖の底から浮き上って来るたくさんの友人たちが薄い嘲いを浮かべて、けれど優しげな手をさしのべて、招いているのやら、ただ挨拶代りにひらひらと半分開いた指をかざしているのやら。忍冬の蔓と浦島草の糸を咥えた黎がまるで利発な青年のようなきっとした眉を上げて、林の間に立って微笑んでいる。――<本文より>

製品情報

製品名 七里湖
著者名 著:大庭 みな子
発売日 2007年09月07日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-214271-7
判型 四六変型
ページ数 238ページ
初出 「第1部」は『群像』’95年1月号~12月号、「第2部」は『群像』’96年7月号~9月号、「まぼろしの七里湖」は『群像』’96年10月号掲載。

書店在庫を見る