紅嵐記(下)

文芸(単行本)
コウランキ
紅嵐記(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

事を起こすものは東南に多く、成功する者は西北に多い。
紅巾の乱に身を投じた重八はやがて身を起こし、明の太祖・朱元璋となる。
混迷を深め、加速する変革の時に思いがけず交わる、互いの人生。傑作長編歴史小説

(いつか絶対殺してやる)溢れる無念と涙を嚙みしめながら、重八は故郷を出奔した。それ以外に、彼の生きる術はなかった。継母の奸計にひっかかったとはいえ、あやうく、実の父親に殺されかけたのだ。以来今日まで、重八は変わらず女性不信だ。――<本文より>

製品情報

製品名 紅嵐記(下)
著者名 著:藤 水名子
発売日 2007年04月27日
価格 定価:2,200円(本体2,000円)
ISBN 978-4-06-214018-8
判型 四六
ページ数 438ページ
初出 『公明新聞』’04年3月29日~’05年8月17日まで連載されたものを加筆・修正を施し二分冊。

書店在庫を見る