徳富蘇峰 終戦後日記(3) 『頑蘇夢物語』歴史篇

トクトミソホウシュウセンゴニッキガンソユメモノガタリレキシヘン
  • 電子あり
徳富蘇峰 終戦後日記(3) 『頑蘇夢物語』歴史篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

目次

  • 皇室中心主義者の幻滅/日本国民についての幻滅/自己幻滅/改訂憲法案議会に提出せらる/最後の希望、国民本来の一大弾力/霞ヶ関の異材、国士松岡洋右を悼む/新憲法案と日本の国体/感謝か追従かー米国独立記念日の式典に思う/日本歴史の再検討(1)~(24)/日本同化に対する米人の信念/労働問題並びに憲法案に見る米国の底意/忠君愛国精神への反動/百敗院泡沫頑蘇居士一周忌/戦時中の日本/緒戦に陶酔し欺かれ通しの国民/与国独伊と予/味方としてのヒットラー/独逸への期待遂に画餅/余りに弱かりし日本/長き日本の伝統的国体と決別/日本の秩序と進駐軍/溥儀氏の出処進退(1)~(3)/降伏文書調印一周年とマッカーサー/誰が明日の平和を保証する/あらゆる犠牲も日本復興のため/わが国体と政党内閣/米国胤の日本国憲法/誤魔化し憲法/創作、日本罪悪史/我等の見る大正昭和時代/裁かれるべきは誰ぞ/閉め出されたる日本/積極的自衛/日本人と自尊心/日露役以降の日本と米欧/帝国主義を日本に招来したるは誰ぞ/人道と文明の大先達、省みてやましからずや/他
  • 【付録】満州国皇帝・溥儀との会見録

製品情報

製品名 徳富蘇峰 終戦後日記(3) 『頑蘇夢物語』歴史篇
著者名 著:徳富 蘇峰
発売日 2007年04月22日
価格 定価 : 本体2,400円(税別)
ISBN 978-4-06-213929-8
判型 四六
ページ数 406ページ

著者紹介

著:徳富 蘇峰(トクトミ ソホウ)

1863年、熊本生まれ。明治20年民友社を設立して、雑誌『国民之友』と『国民新聞』を発行。貴族院議員を経て、評論家、歴史家として活躍する。『近世日本国民史』により学士院恩賜賞を受け、昭和18年には文化勲章を受章。明治・大正・昭和を通じて日本の代表的な言論人。主な著書に、『将来之日本』『大正の青年と帝国の前途』『静思余録』『時務一家言』『蘇峰自伝』などがある。1957年、95歳にて逝去。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る