論理の蜘蛛の巣の中で

文芸(単行本)
ロンリノクモノスノナカデ
論理の蜘蛛の巣の中で
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

松本清張、島田荘司、有栖川有栖、北村薫、東野圭吾、綾辻行人、法月綸太郎、京極夏彦、高田崇史、殊能将之、舞城王太郎、西尾維新……
連綿と連なるミステリーの系譜を、鋭利にそして流麗に斬る

京大ミステリ研にこの人ありと言われた伝説のカリスマ・巽 昌章、初のミステリー評論集!

ジャンルの壁が邪魔なときも、その壁を頭から無視してしまうのは安直に過ぎ、壁を乗り越えると称して別のイデオロギーの押し付けに終わるのは不毛である。ではどうするか。私が試みたのは、複数の作品を対比し、底流とみられる共通点や影響関係を見出しつつ、そこから折り返して、この底流がジャンルの特性や作家の個性とぶつかり合い、互いに相手を変えてゆく様子を観察することだった。――<「はじめに」より>

第60回日本推理作家協会賞〈評論その他の部門〉受賞
第7回本格ミステリ大賞〈評論・研究部門〉受賞

製品情報

製品名 論理の蜘蛛の巣の中で
著者名 著:巽 昌章
発売日 2006年10月14日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-213521-4
判型 四六
ページ数 276ページ
初出 小説現代増刊『メフィスト』1998年12月増刊号~2006年5月増刊号に掲載されたものに、加筆修正したもの。