駐在刑事

文芸(単行本)
チュウザイケイジ
  • 映像化
駐在刑事
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いま生きなければいつ生きられる。組織の規律に縛られた歯車としての一警察官ではなく、魂の声に忠実な1人の生身の人間として。

警視庁捜査一課から青梅警察署水根駐在所所長へ。取り調べ中に容疑者が自殺したことで左遷された江波淳史。自責の呪縛から逃れられない元刑事は、自らを取り戻せるか。

大藪春彦賞作家の新境地

街の倫理ではなく自然の掟に彼は従う。冒険小説の第一人者が挑んだ、異色の警察捜査小説――(西上心太)
組織で挫折した犯罪捜査官を奥多摩の自然が、生身の男(ナチュラリスト)へと変えていく。心優しき山岳警察小説登場!――(香山二三郎)

製品情報

製品名 駐在刑事
著者名 著:笹本 稜平
発売日 2006年07月29日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-213504-7
判型 四六
ページ数 318ページ
初出 『小説現代』2004年12月号、2005年4月号、7月号、10月号、2006年1月号、4月号

書店在庫を見る