どうで死ぬ身の一踊り

文芸(単行本)
ドウデシヌミノヒトオドリ
どうで死ぬ身の一踊り
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第134回芥川賞候補作品。
話題沸騰・衝撃の文学!

久世光彦氏評(「週刊新潮」05年9月22日号)
西村賢太という人の「どうで死ぬ身の一踊り」という小説を読んだ。凄い小説だった。私の体の揺れが止まらないのは、この小説の後遺症もあるのかもしれない。……貧困に喘ぎ、同棲している女に暴力を揮(ふる)い、愛想を尽かした女が逃げ出すと、その前に土下座して涙を零(こぼ)して復縁を哀願する――西村のその姿は「根津権現裏」の藤澤清造に瓜二つである。つまり、西村は<現代>の実人生で、藤澤と同一化しようとしているとしか思えない。西村の文学は、身も世もなく悶える文学であり、その魂の姿勢は、いまは忘れ去られた<文芸の核>なのではないかと思われる。……何はともあれ、欺されたと思って読んでもらいたい。あまりに暗くて、惨めで、だから可笑しくて、稲光が目の前に閃く。

製品情報

製品名 どうで死ぬ身の一踊り
著者名 著:西村 賢太
発売日 2006年02月01日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-213306-7
判型 A5
ページ数 222ページ
初出 収録作品参照