天女湯おれん

文芸(単行本)
テンニョユオレン
天女湯おれん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

湯屋の女将は表の顔、色事手引きは裏の顔
おれん23歳 色でお上に楯を突く

「ここでのことは、夢。終わったあとは忘れなさい」
おれんの湯屋には仕掛けがある。男湯には隠し階段、女湯には隠し戸。どちらも裏の隠し部屋につながっている。行灯と水差しが置かれた小座敷だが、そこはまぎれもない桃源郷。おれんは番台に座り男女の仲を取り持つという案配。よんどころない事情で体を売らねばならぬ女はこのご時世、いくらもいた……。

辻斬り、窃盗、心中、お家騒動――文政の大火、天保の飢饉で不穏が広がりつつある時代。明るくしたたかに生を享受する男と女の姿を描く、傑作時代長編!

製品情報

製品名 天女湯おれん
著者名 著:諸田 玲子
発売日 2005年12月17日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-213162-9
判型 四六
ページ数 358ページ
初出 『週刊現代』2004年8月21・28日号~2005年3月26日号  連載時タイトル「おれん湯女草子」