夏のピューマ

文芸(単行本)
ナツノピューマ
夏のピューマ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

狂おしいほどに獰猛で あやういほどに繊細な 愛という歓びと悲しみ。
偶然に出会った2人は、必然の中に契り、やがて運命に消えてゆく。「偶然と必然」、「運命論」、「いきの構造」、異端の哲学者・九鬼周造の思想を背景に描かれた大人の愛、その哀切。
色香立つ精緻な描写と大胆な展開が織りなす最高の恋愛小説。

画家・仁木妙子は、ある日1通の手紙を受け取る。差出人は、哲学者・九鬼周造の研究者として知られる永沢英之だった。京都に永沢を訪ねた妙子は、その男の中に「封じ込められた野性」を見つけ、その生々しい魅力にひきこまれてゆく――。「邂逅」ともいうべき出逢いは、運命の歯車に導かれ、恍惚の愛の果てへと向かう。美とエロス、いきの姿を描き、究極の愛、そして魂の解放へと迫る最高の恋愛小説。

製品情報

製品名 夏のピューマ
著者名 著:領家 高子
発売日 2005年12月15日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-213161-2
判型 四六
ページ数 246ページ

書店在庫を見る