元禄いわし侍

文芸(単行本)
ゲンロクイワシザムライ
元禄いわし侍
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

えいえいえい。鰯あっての、元禄の世。
お犬様が闊歩した華やかな時代を支えていたのは、鰯の大豊漁だった。干鰯(ほしか)問屋の用心棒・半九郎が、美貌の女主人を助けながら大活躍!
元禄トリビア満載、注目の新・時代小説!

「笹森さまは、あの犬が中野の御用犬屋敷で何を餌に与えられるかご存じですか」「はて、犬は家人の食物の残りを与えられるのが常だが、犬屋敷で何を食べているのであろう。考えたこともなかったし、8万匹の犬の餌となると想像もつかぬ」以登の問いに半九郎は首を捻った。「笹森さまもよくご存じのもの、干鰯でございますよ。炊きあげた白米に味噌汁をかけ、それに干鰯を添えた餌を朝夕2回与えているのです」――<本文より>

製品情報

製品名 元禄いわし侍
著者名 著:長辻 象平
発売日 2005年03月17日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-212862-9
判型 四六
ページ数 318ページ

書店在庫を見る