人間機雷「伏龍」特攻隊

ニンゲンキライフクリュウトッコウタイ
  • 電子あり
人間機雷「伏龍」特攻隊
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太平洋戦争終戦間際の昭和20年8月――。本土決戦を水際で食い止めるべく、人間機雷部隊が極秘に組織された。訓練自体に危険が伴い、多くの殉職者と行方不明者を出したとされる。ひたすら「死」に向かうだけの特攻潜水訓練がなぜ行われたのか。発案者は誰だったのか? その存在自体がほとんど知られていない「伏龍」。徹底取材を重ねていま明かされる「知られざる戦争」。


「幻の自爆作戦」の真実!
太平洋戦争終戦間際の昭和20年8月――。本土決戦を水際で食い止めるべく、人間機雷部隊が極秘に組織された。ひたすら「死」に向かうだけの特攻潜水訓練がなぜ行われたのか。徹底取材でいま明かされる「知られざる戦争」。

愛する家族が暮らすこの郷土を守るため少年兵たちは「絶望の海」へ潜っていった……。
戦後60年が過ぎ、佐官級の伏龍元幹部のほとんどが他界した。健在の隊員たちも老境に入り記憶も薄れてきた。機密資料が焼かれていることを考えると、犠牲者の全容をつかむことは難しい。ただ、間違いなく言えることは「本土決戦」を間近にした張り詰めた雰囲気の中で、隊員の命は限りなく軽かったということだろう。――<本文より>

目次

  • 序章
  • 第一章 事故死
  • 第二章 特攻の系譜
  • 第三章 本土決戦
  • 第四章 情島
  • 第五章 終戦
  • 第六章 それぞれの戦後史
  • 終わりに
  • 参考文献

製品情報

製品名 人間機雷「伏龍」特攻隊
著者名 著:瀬口 晴義
発売日 2005年06月22日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-212682-3
判型 四六
ページ数 238ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る