文人の素顔

文芸(単行本)
ブンジンノスガオリョクフウカクノイチジツ
文人の素顔
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

川端康成、舟橋聖一、江戸川乱歩、野村胡堂、太宰治……。「銭形平次」「走れメロス」、熱海・緑風閣から名作が生まれた。
文人墨客が集まる旅館の亭主が残した大正・昭和の文壇交友録。

父、柳原緑風(やなぎわらりょくふう)(本名・康)は、経歴のせいか、はたまた本人の資質のゆえか、多岐にわたる分野の、多くの人々と交友を持った。その人々は、父が所有した東京「緑風荘」、熱海「緑風閣」に現れ、さまざまな貌(かお)を見せていった。懐かしいあの人たちのこと、その時代を、日記、書簡、スクラップ等の膨大な資料から書き残した本書は、彼らに捧げる鎮魂の辞であり、賛歌である。

製品情報

製品名 文人の素顔
著者名 著:柳原 一日
発売日 2004年06月12日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-212392-1
判型 四六
ページ数 234ページ