メロンパンの真実

メロンパンノシンジツ
メロンパンの真実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いつ、誰が発明したのか?
メロンパンは昭和6年に実用新案出願公告第934号として登録された!でも、メロンパンは大正時代からあったという!なんで?広島のメキシコ移民のみやげものか、あるいは、元ドイツ人捕虜の手になるドイツ菓子だったのか、はては日本人の奇抜な発明品なのか?
メロンパンのルーツを追う!

たしかに、メロンパンとは「丸くて黄色くてカサカサしているもの」と思いこんできた。けれども、どうしてそれが「メロン」なのか?あんぱん、ジャムパン、クリームパン、チョコパンは、「名は体を表す」で、パンの中にあんやジャム、クリーム、チョコが例外なく納まっている。「あん」の入っていないパンを「あんぱん」とよぶ人はいない。「あんぱん」を買って中に「あん」が入っていなかったら、訴えられる。いったいどういう理屈があって、「メロンパン」と名づけたのか。そもそも、メロンパンのメロンはいったい「なにメロン」をさすのか。そこにメロンパンの真実がある……かもしれない。――<本文より>

目次

  • 第1章 いったい何がメロンなのか
  • 第2章 メロンパンの遠いご先祖?パン祖のパン
  • 第3章 伝説のパン職人が帝国ホテルで焼いたメロンパン
  • 第4章 リストラ武士が発明したあんぱんが特許に
  • 第5章 パン屋のメロンパンと果物屋のメロンパンはどう違う
  • 第6章 メロンパン ドイツ起源説のウソ
  • 第7章 奇妙キテレツ メロンパンは実用新案だった
  • 第8章 米国移民が広島にメロンパンを持ち帰った?
  • 第9章 メロンパン=サンライズ?
  • 第10章 焦土に芽ばえた新しいパン

製品情報

製品名 メロンパンの真実
著者名 著:東嶋 和子
発売日 2004年02月21日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-212278-8
判型 四六
ページ数 282ページ

書店在庫を見る