談志が死んだ

ダンシガシンダタテカワリュウハダレガツグ
談志が死んだ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祝!なんと落語立川流20周年
「落語家の了見」最初で最後か、の大饗宴!家元+37人が勢ぞろい

「亡くなっちまったら、どうなる?」「ぼけちゃう場合だってあるかも」「パンドラの箱を開ける」「たぶん、崩壊しちゃいますよ」「談志のDNAは残っていく」「立川流の残党とか、言われちゃうんだ」「二代目の家元はだれ?」「談志って名はだれも継げないよ」「落語界再編が起こるんじゃないか」「落語協会も変わったと思う」「派閥政治の終わりと一緒だな」「頼むから、敵を作るな」「分家させていただきます」「わたしは裏立川流を」「わたしは新協会を」「いいじゃないですか、喧嘩腰トーク」「ずっといるんですよ、師匠の生霊が」「上納金は、だれに払うの?」「新年会とか、どうするんですかね」「新年会の前に、まず告別式だろう」――(「第一部」より抜粋)

製品情報

製品名 談志が死んだ
著者名 著:立川 談志 著:落語立川流一門
発売日 2003年12月20日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-212185-9
判型 四六変型
ページ数 440ページ