異形の城

文芸(単行本)
イギョウノシロ
異形の城
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

畏怖すべきは安土城!

人間崩壊したのは、信長か光秀か?
不思議なほど見事に清潔な魔の城。
歴史文学賞受賞作家で建築家の傑作

――信長的精神 東秀紀――
建築は構想する者の思想や夢の表現だといわれるが、安土城はその壮大さ、華麗さ、そして不可思議さにおいて、まさに信長をデザイナーとするにふさわしい。――
信長がいなければ、日本が統一されるのはもっと遅れていただろうし、中世の古いしがらみから脱け出すこともできず、徳川幕府下での長い平和も築かれなかったであろう。江戸時代に花開いた文化や経済も、根は信長の開明政策に求められるし、幕末維新から明治に至る近代化、戦後日本の高度成長などは、われわれ日本人の心にある信長的精神が、時として封印から解き放たれた結果ではないだろうか。

製品情報

製品名 異形の城
著者名 著:東 秀紀
発売日 2003年09月19日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-212026-5
判型 四六
ページ数 310ページ

書店在庫を見る