枝豆そら豆 下

文芸(単行本)
エダマメソラマメゲ
枝豆そら豆 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の旅立ち秋津城へ

浪静かなる東海道、箱根から浜松へ。
若殿の危機、お家の危急を救うべく、二人の女の愛と友情が光り輝く!

著者の新境地!大好評の会心作、明朗恋愛小説。

いわば生死を分ける木ノ芽峠を避け、越前へまっすぐ北上する最短距離が栃ノ木峠越えである。峠の周囲は、その名のとおり、栃の木が群生している。いずれも樹齢数百年の巨木で、その鬱蒼たる森は太古の姿をそのままとどめている。
お夏たち一行は、峠から北の彼方を望んだ。深緑色の山波の先に、黄褐色の平面が広がっている。
茶子丸君、あれが越前平野です……。
あの鉛色の空をごらんなさいまし。あれが越前の冬の空。あの広大な平野の東の方、幾重に連なる山塊へと分けいった先に、秋津があるのですよ。父上のお国が、そして、あなたさまのお国が……。

製品情報

製品名 枝豆そら豆 下
著者名 著:梓澤 要
発売日 2003年02月18日
価格 定価:2,090円(本体1,900円)
ISBN 978-4-06-211692-3
判型 四六
ページ数 340ページ

書店在庫を見る