枝豆そら豆 上

文芸(単行本)
エダマメソラマメ
枝豆そら豆 上
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2人の少女の恋の転変!

大店の紙屋の一人娘と小間使の娘、あだ名は空豆と枝豆。
人間の運命のおかしみを生々と描く、会心の傑作長篇!

途中の沢のところで、ふと目をあげると、信じられない光景が広がっていた。あたり一面、細かな青白い光がちりばめられていたのだ。光の大群はまるで沢から沸き上るようにゆっくり上昇し、たなびくように揺れ、ふっと静止する。――いつの間にか、お菜津は光の乱舞のただ中に立ちつくしていた。
頷きかけたとき、お菜津は真之介の胸の中にいた。男の腕にすっぽり抱かれて、頭の中が真っ白になった。これは夢なのだと思った。これも夢だ。あの螢とおなじだ。
顔を埋めながら、しきりにそう思った。目を閉じると、瞼裏にくっきりと光の乱舞がよぎった。――(本文から)

製品情報

製品名 枝豆そら豆 上
著者名 著:梓澤 要
発売日 2003年01月20日
価格 定価:2,090円(本体1,900円)
ISBN 978-4-06-211691-6
判型 四六
ページ数 374ページ

書店在庫を見る