たまたま地上にぼくは生まれた

タマタマチジョウニボクハウマレタ
たまたま地上にぼくは生まれた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ、ぼくは生きて死ぬのだろう!?

働くことがイヤで、善良な市民を嫌い、騒音に抗議する日々。
「戦う哲学者」の心と身体の「黒々とした根っこ」!!

真の国際化、時間論、孤独、そして死について、あくことなく語り尽くした講演集!!
生きにくい時代の「哲学的生き方のススメ」!!

●哲学をやめて、まっとうな人間になろう
●日本人が嫌われているほんとうの理由
●私は、他者の痛みがわからない
●哲学の精神とスポーツマン精神は似ている
●哲学をしているという嘘はやめよう
●「なんで生きなければいけないの」というまっとうな問い
●癒されたら哲学はなくなる
●自分の死後も世界が存続するのが耐えがたい
●子供に戻り、言葉をとり戻す
●親の言うことを聞いてはいけない

世の中の人というのは仕事をすごく評価するのです。NHKテレビの『プロジェクトX』みたいな仕事の成果を。
私はあれを、涙を流しながら反感を持ってみているんですけれども、同じようにやって失敗した人もいっぱいいることでしょう。
私は『プロジェクトX』とは別の『プロジェクトマイナスX』って放送すればいいと思うんです。一生懸命やってみんな失敗する例です。私ぐらいしか見ないと思いますけど。――(本文より抜粋)

目次

  • <第1章>ヨーロッパ体験の重み
  • (1)ウィーンショック
  • (2)ほんとうの国際化とは
  • <第2章>哲学とは何だろうか
  • (3)哲学は教えられるか
  • (4)哲学という病
  • (5)時間というフィクション
  • (6)哲学と癒し
  • <第3章>人生の理不尽を見つめて
  • (7)自分の言葉で語る勇気
  • (8)理不尽を生き抜く
  • (9)イヤでも働くことの意味

製品情報

製品名 たまたま地上にぼくは生まれた
著者名 著:中島 義道
発売日 2002年09月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-211494-3
判型 四六
ページ数 288ページ

書店在庫を見る