めぐる季節を生きて

文芸(単行本)
メグルキセツヲイキテ
めぐる季節を生きて
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

書くことは生きること

あふれる想いを胸に一筋に歩んだ道
櫂・寒椿・春燈・朱夏・仁淀川 エッセイでたどる名作

茫々30年の歳月
虚構を取去った生の私の姿が至るところに息づいている。
いまさら素顔をさらすのはとても恥しいが、そのときどきの私の真実をお汲取り頂きたい……。

「女のこよみ」「女のあしおと」「花のきもの」より収載。愛蔵版自伝随想集。

製品情報

製品名 めぐる季節を生きて
著者名 著:宮尾 登美子
発売日 2002年05月14日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-211292-5
判型 A5
ページ数 336ページ
初出 Ⅰ.女のこよみ(昭和62年1月20日講談社刊)            Ⅱ.女のあしおと(昭和56年3月16日講談社刊)           Ⅲ.花のきもの(昭和58年9月10日講談社刊)

書店在庫を見る