西南シルクロードは密林に消える

セイナンシルクロードハミツリンニキエル
西南シルクロードは密林に消える
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中国・成都からビルマ北部~インド・カルカッタまでの古代通商路。それは謎にみちた最古のシルクロードと言われている。
戦後、世界で初めて、この地を陸路で踏破した日本人ノンフィクションライターが見たものは?
ジャングルの自然、少数民族、ゲリラたちと織りなす、スリルとユーモアにあふれる奇想天外な辺境旅日記。

「とんでもないことになった……」
ロマンあふれるはずの旅は予期せぬできごとに次々と遭遇し、脱線し、迷走を深めていった。

目次

  • 第1章 中国西南部の「天国と地獄」
  • 中国・四川省~貴州省~雲南省
  • 第2章 ジャングルのゲリラ率軍記
  • ビルマ・カチン州
  • 第3章 密林の迷走
  • ビルマ・カチン州
  • 第4章 秘境・ナガ山地の奇跡
  • ビルマ・カチン州~ザガイン管区
  • 第5章 異常城市
  • インド・ナガランド州~ベンガル州

製品情報

製品名 西南シルクロードは密林に消える
著者名 著:高野 秀行
発売日 2003年02月27日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-211232-1
判型 四六
ページ数 370ページ