田中真紀子の最強スピーチ術実践教室

タナカマキコノサイキョウスピーチジュツジッセンキョウシツ
田中真紀子の最強スピーチ術実践教室
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

敵も味方も魔法にかける天才の極意!!

こんな時代だからこそ、自分の「話法」スタイルを持って生きる!!豊富な実例をもとに説得力とは何かを徹底分析、聞き手をその気にさせるノウハウを身につけて、スピーチ上手を目指す!!

田中真紀子前外務大臣に対する世論の高い支持の背景に、巧みなスピーチ術がある。典型的な例として、小泉純一郎、小渕恵三、梶山静六といった政治家たちを「変人」「凡人」「軍人」のたった3語でその人物の本質を表現、大喝采を浴びたなどがいい例である。(中略)しかし、真紀子氏のような天賦の才は持ち合わせていなくても、そのノウハウ、ポイントはいくつかあるから、それを身につければ相当のスピーチ上手になることはできる。小著はケース・バイ・ケース、迫力、笑いなど満載の「真紀子節」実例を叩き台として、できるだけわかりやすく解説するという方法を取っている。読者諸賢は、楽しみながらスピーチ上手を目指してもらいたい。――[まえがきに代えて]より抜粋

目次

  • 〈基礎テクニック編〉
  • 田中真紀子のスピーチ術教科書
  • ●「第一声」こそが勝負どころ
  • ●訴えたいことは1つか2つに絞る
  • ●「好きか嫌いか」「白か黒か」をハッキリさせる
  • ●聞き手の「自尊心」をくすぐれ
  • ●「数字」の説得力は抜群だ
  • ●「人物評」は笑いが不可欠 ほか
  • 〈応用編〉
  • 田中真紀子のスピーチ術マニュアル
  • ●「情景」が浮かばなければ名スピーチならず
  • ●「エピソード中心主義」で差をつける
  • ●「夢」を与えられて喜ばぬ者はいないと知れ
  • ●名スピーチの裏に「事前調査」あり
  • ●「とっさの場合」の切り抜け
  • ●各種スピーチ「重要チェック事項」 ほか
  • (抜粋)

製品情報

製品名 田中真紀子の最強スピーチ術実践教室
著者名 著:小林 吉弥
発売日 2002年03月28日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-211222-2
判型 新書
ページ数 192ページ

書店在庫を見る