十時半睡事件帖 東海道をゆく

文芸(単行本)
トトキハンスイジケンチョウトウカイドウヲユク
十時半睡事件帖 東海道をゆく
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わが子の死に目にあえぬならば、それも定めでござる。

重病の息子を見舞うため、帰郷の旅に出る十時半睡は、敢えて陸路をゆっくりと進む。
「死」と「運命」を見つめた、人気シリーズ待望の最新作!

「生きる者は生き、死ぬ者は死ぬ」
弥七郎の生死は弥七郎の運である。間に合うか間に合わぬかなどと案じることは、弥七郎の天運に棹さすようなもので、生死とは何のかかわりもない。運があれば弥七郎は生きのびるであろう。そのことを弥七郎のために信じてやりたい。……(本文より)

製品情報

製品名 十時半睡事件帖 東海道をゆく
著者名 著:白石 一郎
発売日 2002年02月28日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-211191-1
判型 四六
ページ数 248ページ
初出 「IN☆POCKET」                     旅立ち-2000年3月号・泉岳寺-2000年6月号・東海道-2000年9月号・小田原-2001年3月号・箱根越え-2001年6月号・薩た峠-2001年9月号・大井川越え-2001年12月号

書店在庫を見る