いつもお兄ちゃんがいた

イツモオニイチャンガイタ
いつもお兄ちゃんがいた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

気がつけば彼の背をこえていた

これは、本当にあったことなの?
思い出を手でさわって確かめることができたら――。
――わたしが見たのは、わたしがきいた声の主は……
お兄ちゃん、そう、大好きなお兄ちゃん。
すてきで、物静かで、賢いわたしのお兄ちゃんなんだ。
でも、前とそっくりおなじお兄ちゃんではありません。それは……
――(本文より)

少女におとずれた突然の兄の死。ポケットにつっこまれた手、立ったままのジャケットの襟、櫛を入れてないくしゃくしゃの髪。手を伸ばして、お兄ちゃんにさわれたら……。
悲しみの気配ただよう、美しくひっそりとやさしい物語。

製品情報

製品名 いつもお兄ちゃんがいた
著者名 作:アラン・アルバーグ 訳:こだま ともこ
発売日 2001年12月10日
価格 定価 : 本体950円(税別)
ISBN 978-4-06-211053-2
判型 A6
ページ数 96ページ

おすすめの本