職人たちの春

文芸(単行本)
ショクニンタチノハル
著・装丁:安野 光雅
  • 電子あり
職人たちの春
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

津和野に集まった職人たちの技と心。受け継がれてゆく伝統の美しさ。2001年春、津和野の町に和風建築の美術館が完成するまでを、職人たちの言葉を通して描く、書き下ろし長篇エッセイ。
◎「サクラが咲いていた。あの日は卒業式のようなもの……職人たちの春であった。」
◎「この本は、美術館の中身とは別に、和風建築のことや、ここに関わった職人たちとわたしの「生活と意見」を書き残しておきたいと考えて書いた。この建築物のあちこちに残っているところの「職人の仕事」の跡を見ていただきたいと思う。」<本文より>

製品情報

製品名 職人たちの春
著者名 著・装丁:安野 光雅
発売日 2002年02月08日
価格 定価:2,200円(本体2,000円)
ISBN 978-4-06-210934-5
判型 四六
ページ数 256ページ

著者紹介

書店在庫を見る

オンライン書店で見る