すベての雲は銀の…

文芸(単行本)
スベテノクモハギンノ
すベての雲は銀の…
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

壊れた心にやさしく降り積もる物語

誰もが抱える傷なのに、痛くてたまらない――。

恋人の裏切りに心を引き裂かれ、大学生活を捨て信州・菅平にやって来た僕。もう人を愛せない。心も、そして体も――。
終わりのない痛みに閉ざされた僕が出会ったのは、信州の空のような明るさの奥にさまざまな傷を隠し持った人たちだった。
愛し合い、傷つけ合い、やがて赦し合う人々が静かに、せつなく奏でる交響楽。待望の長編小説。

製品情報

製品名 すベての雲は銀の…
著者名 著:村山 由佳
発売日 2001年11月20日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-210886-7
判型 四六
ページ数 488ページ
初出 『IN★POCKET』1998年10月号~2001年5月号連載に加筆訂正したもの。

書店在庫を見る