笠雲

文芸(単行本)
カサグモ
笠雲
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大政、富士のお山が喧嘩の相手ずら。
維新後、侠客の名を捨てて市中取締役となった清水次郎長。囚人を使役することに抵抗を感じながらも、一の子分・大兵(たいひょう)政五郎は富士山麓の開墾地に赴く。
山本周五郎賞候補の新鋭が描く大侠客の晩年。

次郎長は頬をゆるめた。
「おみゃあ変わったな。昔は向こう見ずだった。真先に長槍をつかんだ……」(中略)
変わったのは自分ではないと、政五郎は思った。喧嘩なら簡単だ。死ぬか生きるか、勝つか負けるか、それだけである。熱くなればそれでよかった。ところが今はもう喧嘩に駆り出されることはない。自分ではなくまわりが変わったのである。――(本文より)

製品情報

製品名 笠雲
著者名 著:諸田 玲子
発売日 2001年09月20日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-210750-1
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 小説現代2001年4~6月号

書店在庫を見る