昭和文学史 中巻

文芸(単行本)
ショウワブンガクシ
昭和文学史 中巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

前人未到20世紀日本文学の粋!
興味尽きない出来事に彩られた作家達のドラマ“読む”文学史、愈々(いよいよ)佳境

【本書の特徴】
1.列伝体を採用、“読み物”文学史
2.作品が未読でもわかる工夫
3.タブー「日本とアジア」を検証
4.女性作家の活躍を通史的に網羅・細述
5.大衆文学を独立して記述
6.最新の資料、研究成果を使用

目次

  • ●日本とアジア 日本統治下の文学(承前)
  • 中国(3)戦争文学 日中戦争
  • 樺太・千島
  • 中国(4)「満州」
  • マレー、タイ、シンガポール
  • ビルマ、タイ北部、ベトナム、カンボジア
  • ジャワ、オランダ領東インド諸島、スンダ列島(インドネシア、フィリピン)
  • ●戦後文学
  • 原爆文学
  • 1945年8月15日
  • 「近代文学」と「新日本文学」
  • 大岡昇平と野間宏
  • 埴谷雄高と武田泰淳
  • 梅崎春生と椎名麟三と藤枝静男
  • 三島由紀夫
  • 加藤周一、中村真一郎、福永武彦
  • 花田清輝、堀田善衛、長谷川四郎
  • 福田恒存、木下順二
  • 無頼派列伝 石川淳、太宰治、坂口安吾、織田作之助、檀一雄
  • 「異邦人」論争と中村光夫
  • 女性の世紀(3)百花繚乱
  • 大衆文学の歴史(2)戦後編

製品情報

製品名 昭和文学史 中巻
著者名 著:川西 政明
発売日 2001年09月14日
価格 定価 : 本体4,800円(税別)
ISBN 978-4-06-210554-5
判型 四六
ページ数 656ページ