昭和文学史 上巻

文芸(単行本)
ショウワブンガクシ
昭和文学史 上巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

10年の歳月著者畢生の書下ろし!
昭和文学の時々刻々をドキュメンタリー風に辿る記念碑的傑作

【本書の特徴】
1.列伝体を採用、“読み物”文学史
2.作品が未読でもわかる工夫
3.タブー「日本とアジア」を検証
4.女性作家の活躍を通史的に網羅・細述
5.大衆文学を独立して記述
6.最新の資料、研究成果を使用

目次

  • ●昭和文学の出発
  • 芥川龍之介の死
  • 若き昭和文学者の群像
  • 小林秀雄、中野重治、堀辰雄の始動
  • 円本時代、新感覚派、エスプリ・ヌーボー、私小説
  • 谷崎潤一郎と佐藤春夫と川端康成
  • 女性の世紀(1)先駆者列伝
  • 大衆文学の歴史(1)ヒーロー誕生
  • 文豪像の定着
  • ●戦争下の文学
  • プロレタリア文学盛衰史
  • 女性の世紀(2)自由と自立への道
  • 転向の時代
  • 昭和10年代の文壇
  • ●日本とアジア 日本統治下の文学
  • 中国(1)
  • 台湾
  • 中国(2)竹内好と武田泰淳
  • 朝鮮 海峡を越えて

製品情報

製品名 昭和文学史 上巻
著者名 著:川西 政明
発売日 2001年07月03日
価格 定価 : 本体4,800円(税別)
ISBN 978-4-06-210553-8
判型 四六
ページ数 682ページ