山河在り 中巻

文芸(単行本)
サンガアリ
山河在り 中巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

孫文の北伐から張作霖の爆殺まで。歴史的事件のひとつひとつが若者を成長させていく。

統一戦争に揺れる中国。愛国の熱情か青春の氾濫か。新しい時代の波に青年の体は顫(ふる)えた。日中15年戦争前夜を描く大河小説、いよいよ佳境に!

貿易商「金順記」一族の歴史をまとめる仕事のため、温世航(おんせいこう)は香港、上海などを遍歴する。孫文は、全国統一を目指す北伐を決意し、日本に理解と支持を求めようとしていた。関東大震災からちょうど1年たった日、世航は香港で同舟会の趙錫堂(ちょうしゃくどう)と再会した。孫文に敵対する「商団」に関わっている錫堂は、「いろんなことがありすぎて10年ぐらいたったように思う」と感想をもらした。

製品情報

製品名 山河在り 中巻
著者名 著:陳 舜臣
発売日 1999年12月10日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-209959-2
判型 四六
ページ数 412ページ
初出 この作品は「陳舜臣全集」(1986年~88年、講談社刊)第11~20巻に特別書下ろし作品として連載されたもの。