項羽を殺した男

文芸(単行本)
コウウヲコロシタオトコ
項羽を殺した男
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

垓下(がいか)から烏江(うこう)のほとり、懐かしい覇王の破顔!
項羽を愛し戦った男や女──劉邦・呂馬童・范増・樊カイ・項梁・英布・虞姫等の人間ドラマを描く特別連作!

たとえば、戦には滅法強いが政治的手腕には乏しく、非命に斃れる悲運の武将……。そんな英雄像を中国に求めたら、たった1人のそのひと──秦末漢初、彗星の如く登場する項羽という武将以外に、どうしてもその典型を見出すことができない。
項籍なる者は、下相の人なり。字は羽。初めて起ちし時、年24……に始まる「史記」の項羽本紀をはじめて読んだ10代の終わりから今日にいたるまで、私は彼に、長い恋をし続けているといえるかもしれない。
恋にもさまざまな形がある。女が男に寄せる想い。そして、男から男に寄せられる想い。……さまざまな形での、項羽という英雄に対する想いを綴った、これは恋文の連作集だと思っていただければ幸いである。──(あとがきより)

製品情報

製品名 項羽を殺した男
著者名 著:藤 水名子
発売日 1999年12月08日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-209956-1
判型 四六
ページ数 250ページ
初出 収録作品参照

書店在庫を見る