優しい侍

文芸(単行本)
ヤサシイサムライ
優しい侍
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

歴史文学賞作家が斬新な視点で描く秀作集!
荒木村重一族処刑の前夜、光秀の陣を訪れた侍のことばは、妻を救ってほしいという意表外のものだった――。関ヶ原の前後に際立つ侍の人間的弱さをみつめた注目作。

夕刻になって、予定されていたすべての処刑が終わると、残る五郎右衛門とその妻甲が引き出された。切腹のために座っている五郎右衛門の側を、今は憔悴しきって、両脇を足軽に抱きかかえられた甲が引き立てられていった。これから杭に縛りつけられ、鉄砲で撃たれるのである。
「死にたくない!」改めて五郎右衛門の姿を見ると、甲は再び激しく泣き叫びはじめた。午前中の、粛然として死んでいった人々とは対照的に、自ら転がり、泥だらけになりながら、その抵抗はやまない。髪はほどけ、白い膝前が乱れた。
「静かにおし」そのとき、男の声が響きわたった。それは泣き叫ぶ女をいたわる優しい声だった。処刑場が一瞬しんと静まり、女も足軽たちもはっとして活動を停止させた。――(本文から)

製品情報

製品名 優しい侍
著者名 著:東 秀紀
発売日 1999年08月20日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-209770-3
判型 四六
ページ数 270ページ
初出 収録作品参照

書店在庫を見る