御書物同心日記

文芸(単行本)
オショモツドウシンニッキ
御書物同心日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

珍本は権力が集めるもの。将軍家の御文庫は宝の山だった。
丈太郎は三男坊の厄介者だが、本の知識はひけをとらぬ。見込まれて、御書物方同心の跡継ぎとなった。新米同心が出あう事件を、江戸情緒豊かに綴る連作集。

この世に珍本というものがあり、その珍本を、だれよりも多く収集している者は、将軍家以外ない。……その蔵書を管理しているのが、御書物奉行であり、御書物方同心である。すなわち、このどちらかになれば、天下の稀本珍本を手に取って見、指で繰って読むことができる。奉行は、なろうとしてなれないが、同心なら世襲である。――(本文より)

製品情報

製品名 御書物同心日記
著者名 著:出久根 達郎
発売日 1999年04月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-209642-3
判型 四六
ページ数 268ページ
初出 収録作品参照