虚空伝説

文芸(単行本)
コクウデンセツ
虚空伝説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸無法地帯の非情、狂気、暴力。
運命の奇跡が生んだ暗黒のニュー・ヒーロー、矢月繋(やづきつなぐ)登場!
「餓鬼草子」は家康の黒印状を追い、神の殺法でこの世の生き地獄に挑む!

ミステリーよりスリリングなものを歴史を舞台にした小説で書けないものかと考えていた。思い至ったのは江戸期の無法地帯だ。「封建時代」の意味をまちがってはいけない。〈封建〉とは地方分権である。中央集権の現代にはない無法地帯が、牙を剥いていたのだ。おまけに驚くほど世相が現代と似通っている。コギャルやチーマーの元祖だっていた。どのようなテーマでもぶちこめるほど、この舞台の奥は深い。この小説の主役、矢月繋にふさわしい舞台でもある。――高橋直樹

製品情報

製品名 虚空伝説
著者名 著:高橋 直樹
発売日 1998年12月10日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-209452-8
判型 四六
ページ数 344ページ
初出 収録作品参照

書店在庫を見る