インポテンス

文芸(単行本)
インポテンス
インポテンス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

愛か、ボッキか。
不能になってしまったら、愛は終わりか?
インポは男の終結宣言なのか?性的能力を失いかけた男の性のリハビリ遍歴。
涙なくしては読めない切実な問題小説!

●ルビコンの河ならぬシリコンの壁か。──シリコン注入療法
●家族に隠れてバイブレーターをこっそり使う中年男。どうだ、いかがわしいだろ。──オナニー療法
●見栄を張って「Mサイズ」にしたのがまずかったかな。──真空ポンプ
●たった1錠で、雄々しいペニスが取り戻せるなら──バイアグラ

製品情報

製品名 インポテンス
著者名 著:永倉 萬治
発売日 1998年12月01日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-209443-6
判型 四六
ページ数 308ページ
初出 『小説現代』’98年5月号~10月号

書店在庫を見る