花の生涯(下)

文芸(単行本)
ハナノショウガイ
花の生涯(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

歴史と愛の伝説的名作。
桜田門外の変に至る激動の時代を鮮やかに描く巨匠の流麗な文体!

もはや、疑いもなく、暴徒狂士の襲撃であると知った大老は、こうして、駕籠の中にいることの危険を察知した。とは云え、うっかり、飛出すことは、よけい危い。
(馬鹿者──自分を殺して、どうなると云うのだ)
心の底から、憎悪がつき上げてきた。国粋も尊王も口実で、実際は政治的権力に盲目となっている或る男に煽られて、自分を殺しにやって来た愚かな刺客にすぎない。彼は、たまらなくなって、外へ出ようとし、駕籠の戸に手をかけた瞬間、全身を振り廻すような、激烈な衝撃と共に、あらゆる力を失った。──
乱闘の絵巻はそこかしこに、くりひろげられ、さしもの白雪も、殆ど一面朱にそまっていた。──本文より

製品情報

製品名 花の生涯(下)
著者名 著:舟橋 聖一
発売日 1998年02月24日
価格 定価 : 本体2,300円(税別)
ISBN 978-4-06-209137-4
判型 四六
ページ数 403ページ