花の生涯(上)

文芸(単行本)
ハナノショウガイ
花の生涯(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

華麗なる歴史ロマン!井伊直弼、村山たか女、長野主膳。幕末を生きた男と女の激しい愛。

(まだ、明るい。お城があんなに、美しい夕焼にかがやいているうちは……)主馬は、白い天守閣に、落日が7色の焔の様に輝くのを眺めながら、つぶやいた。
──もう暫く、時を消すために、主馬は堤を下りて、廓の中へ入っていった。
暮れかける頃の廓は、一入、色めき立って見える。せまい小路をはさんで、立ち並ぶ娼家の名は、金亀楼、八千代楼、清滝など。いずれも、紅殻格子の奥のふかい、なまめいた色街のつくりである。
主馬には、伊勢で結ばれた妻があるが、この1両年、とかく病がちだ。そのせいというわけでもないが、さっき、堤の上と下で、目と目をかわした窓の女の顔が、無意識のうちに、消えやらぬ……。──本文より

製品情報

製品名 花の生涯(上)
著者名 著:舟橋 聖一
発売日 1998年02月24日
価格 定価 : 本体2,300円(税別)
ISBN 978-4-06-209136-7
判型 四六
ページ数 370ページ