幻覚の鯱 神軍の章

文芸(単行本)
ゲンカクノシャチシングンノショウ
幻覚の鯱 神軍の章
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ゼロが消え、十樹(とおき)吾一が消え、ステルス爆撃機までが消失。〈幻覚鬼・醜男(しこお)〉対〈鯱軍団〉の時空を越えた戦闘!──待望のシリーズ第10弾。

仙石文蔵は目を閉じていた。脳裡に醜老人の貌が懸かっている。ひどい矮男(こおとこ)だ。凹(くぼ)んだ眸が左右ちぐはぐについている。その眸にはどんよりと澱んだ沼が浮かんでいる。物がみえる眸にはみえない。しかし、それだけに淵は底無しに深い気がする。その眸が仙石文蔵をみている。妖怪めと、仙石文蔵は胸中につぶやいた。──(本文より)

製品情報

製品名 幻覚の鯱 神軍の章
著者名 著:西村 寿行
発売日 1995年05月24日
価格 定価:1,388円(本体1,262円)
ISBN 978-4-06-207537-4
判型 四六
ページ数 254ページ
初出 『小説現代臨時増刊』メフィスト’94年8月号、11月号、’95年4月号

書店在庫を見る