I型流通革命

アイガタリュウツウカクメイ
I型流通革命
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

物価がさらに2割下落し、4店に1店の小売店が淘汰、なかでも個人商店は半数が消滅するI型流通の世界。そこでは消費者は、メーカーは、卸売業はどう変貌するのか。
気鋭の経済学者が読む流通構造変革の衝撃。

I型流通革命による変化の3つのポイント
(1)小売流通はますます大型化し、そのパワーはより向上する。
(2)生産者(メーカー)による流通支配体制は崩壊し、相対的パワーが低下する。
(3)卸売業は小売業の大型化に伴ってその存在意義がしだいに薄れ、垂直的かつ水平的な整理、統合が進む。業界全体のパイは縮小。

製品情報

製品名 I型流通革命
著者名 著:野口 智雄
発売日 1996年01月19日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-207286-1
判型 四六
ページ数 231ページ