ひとりを生きる

ヒトリヲイキル
著:重兼 芳子 その他:重兼 裕子 装画:水田 秀穂 装丁:鈴木 成一
ひとりを生きる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夫に先立たれた妻はいかにひとりを生きたか44年間連れ添った夫の急死。そのとき妻はがんと必死に闘っていた。再びひとりになり、老い、そして死と向合う中でどう生きなおすか。人生後半のひとり立ちの記

製品情報

製品名 ひとりを生きる
著者名 著:重兼 芳子 その他:重兼 裕子 装画:水田 秀穂 装丁:鈴木 成一
発売日 1993年12月07日
価格 定価 : 本体1,165円(税別)
ISBN 978-4-06-206808-6
判型 新書
ページ数 224ページ
初出 「日本経済新聞」1992年9月3日から1993年6月24日   「朝日新聞」1991年9月20日  「北海道新聞」1993年6月8日 「悠」1992年2月        「道標」1992年3月      「オン・ザ・ウェイ」1992年6月 「まんだら」1993年1月    「医療」1993年2月       「望星」1993年3月      「くらしと仏教」1993年3月   「PHP」1993年5月