江戸の芝居絵を読む

エドノシバイエヲヨム
著:服部 幸雄 装丁:山崎 登
江戸の芝居絵を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸文化の粋と美意識を伝える芝居絵
歌舞伎のことがわかれば、芝居絵は生き生きと輝いてくる。芝居絵の世界に心を遊ばせれば、見たことのない江戸歌舞伎の舞台が、役者が見えてくる。――歌舞伎研究・芝居絵研究の第一人者がいざなう“江戸の芝居”と“芝居絵”の世界。
カラー図版72図、モノクロ図版160余図収録

目次

  • ●芝居絵――その多彩な内容と魅力
  • ●芝居小屋と興行――歌舞伎誕生/芝居小屋の内を見る/正徳5年の江戸三芝居
  • ●役者に憧れる――「大小の舞」を舞う若衆役者/山本花里の照手の姫/『絵本舞台扇』/「役者舞台之姿絵」/役者の似顔絵――7代目片岡仁左衛門の場合
  • ●芝居を楽しむ――「忠臣蔵」/「先代萩」/不破・名古屋の狂言/宮城野・信夫の敵討ち狂言/江戸の初春狂言/歌舞伎十八番物語の暫・助六・不動/狂言を絵でたどる
  • ●絵の背後に広がる――名古屋山三郎物語絵巻の世界/初春の摺物の絵を読む/<知>の領域 極楽の芝居と盛り場の幻想/三猿・白魚・長縄―大川をめぐる断章

製品情報

製品名 江戸の芝居絵を読む
著者名 著:服部 幸雄 装丁:山崎 登
発売日 1993年11月24日
価格 定価:3,204円(本体2,913円)
ISBN 978-4-06-206690-7
判型 A5
ページ数 282ページ

書店在庫を見る