カオス まったく新しい創造の波

カオスマッタクアタラシイソウゾウノナミ
カオス まったく新しい創造の波
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一瞬の蝶の羽ばたきが未来を永劫に変えてしまう
なぜ予測ははずれるのか。なぜ思いもよらない結果になるのか。見えない大変化の法則を、カオス理論がはじめてとらえた。興奮と熱気に包まれた新しい科学の最前線から、第一人者がやさしく語る。

「カオス」は通常、秩序をあらわすコスモスの反義語として、「混沌」や「無秩序」と訳される。その語感は、「乱雑な混乱状態」である。ところが、カオスの語源を求めて西洋思想の歴史をさかのぼると、ギリシア神話や旧約聖書などでは、「宇宙の秩序が生み出される以前の無形の空虚」といった意味で使われていた。「決定論的カオス」と呼ばれる現代のカオスも、この宇宙の秩序が創造されてきたというイメージと同様に、たんなる混沌や無秩序ではなく、一見混乱した中に無限のかくれた秩序構造を自由に、そしてダイナミックに自己組織する能力をもっているのだ。

目次

  • 第1章 カオスとは何か
  • ・なぜ遠い未来は予測できないか
  • ・歴史はくり返さない
  • ・カオス力学的世界観
  • 第2章 蝶の森への道
  • ・はばまれたカオス発見
  • ・カオスを見抜いた天才
  • ・絵にもかけない複雑さ
  • ・中学生でもわかる
  • 第3章 カオスを探る
  • ・ヤリイカとカオス
  • ・脳の謎に挑む
  • ・横たわった涙の滴
  • 第4章 カオスは創造の波
  • ・医療診断とカオス
  • ・カオス通信
  • ・カオスCG
  • ・カオスゆらぎの利用
  • ・カオスの制御とメモリー
  • ・カオス・コンピューティング
  • ・カオス・ニューラルネットワーク

製品情報

製品名 カオス まったく新しい創造の波
著者名 著:合原 一幸 装丁:坂川 栄治
発売日 1993年10月21日
価格 定価 : 本体1,748円(税別)
ISBN 978-4-06-206287-9
判型 四六
ページ数 230ページ