機関車先生

文芸(単行本)
キカンシャセンセイ
機関車先生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

久しぶりに現れた傑作。先生と生徒の学園小説!
瀬戸内海の春、波光きらめく島にやってきたひとりの男。直木賞作家が描く感動的長篇!

その朝、桟橋に着いたばかりの連絡船からひとりの男が島に降り立った。男は春の陽にかがやく山の緑をまぶしそうに見てから、島をぐるりと見回した。……彼は坂道の途中で海をふりかえった。春の海は高く昇った陽差しに紺碧にかがやいていた。波を蹴立てて連絡船が進んでいた。白い波の尾が銀の帯を流したように揺れる。「ひょっとしてここは自分がずっと探していた土地なのかもしれない……」吉岡誠吾はそう心のうちでつぶやいた。その時背後で誰かが自分を見ているような気配がした。ふりむくと蜜柑の木蔭からひとりの少年が誠吾をじっとみつめて立っていた。──(本文から)

製品情報

製品名 機関車先生
著者名 著:伊集院 静
発売日 1994年06月27日
価格 定価:1,388円(本体1,262円)
ISBN 978-4-06-206263-3
判型 四六
ページ数 236ページ
初出 『IN・POCKET』1992年1月号~1992年10月号

お知らせ・ニュース

お知らせ
伊集院静先生が第3回野間出版文化賞を受賞しました。

書店在庫を見る