終着駅

講談社文芸文庫
シュウチャクエキ
  • 電子あり
終着駅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

敗戦直後の焼け跡・東京で、ウニ三という正体不明の男が、どぶにはまって変死。その位牌は、まるで死のバトンの如く引き受けた男たちに、つぎつぎと無造作な死を招き寄せる。絶対的価値が崩壊した後、庶民はいかに生き、いかに死んでいったのか? 独白体、落語体、書簡体など、章ごとに文体を変え、虚無と希望の交錯する時代を活写。『軍旗はためく下に』の戦争テーマを深化した、純度高い傑作。焼け跡闇市に生き、死んだ、無名の人たちへの哀歌! 吉川英治文学賞受賞作品。
◎常盤新平 『終着駅』に登場するのは敗戦直後の焼け跡にうごめいているその日暮らしの人たちです。彼らの生と死が章ごとに変わる文体で語られていきます。独白もあれば、落語の話術、返信のない手紙の連続、饒舌と多彩です。(中略)『終着駅』は推理小説仕立てですが、推理小説という枠を借りてその枠をこえてしまった小説なのです。結城さんは敗戦直後の体験をもとに自分の「終着駅」と思いさだめた小説を書いたのです。(「解説」より)

製品情報

製品名 終着駅
著者名 著:結城 昌治 解説:常盤 新平
発売日 2005年09月11日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-198418-9
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 底本:『終着駅』(’84年7月、中央公論社刊)を底本とし、振りがなを若干増やしました。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る