神の道化師・媒妁人

講談社文芸文庫
カミノドウケシバイシャクニンシイナリンゾウタンペンシュウ
神の道化師・媒妁人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「わい、知りまへんのや。乞食だっしゃろ」家出少年が、無料宿泊所で見た最底辺の庶民の救いの無い生。そこから脱出を企てた時、少年は親切を尽くしてくれた男を冷然と切り捨てる。「ペテロのイエスの否認を思いださせる短編の傑作」と埴谷雄高が評した自伝的小説「神の道化師」等6篇。共産主義からキリスト教へと遍歴を重ねた著者が、実存的リアリズムと突き抜けたユーモアで描く秀作を精選。

井口時男
このささやかなアンソロジーを、私は「椎名麟三ユーモア小説集」とでも呼びたく思う。(略)椎名麟三のユーモアはそれ自体独特な神学である。(略)この国の貧乏な庶民生活のなかの粗末でありふれた事物だけを使って書かれたユニークな「神学小説」。(略)共同体が壊れ、人間と人間、国家と国家のこわばった関係が自己絶対化に根ざす凶悪な暴力を生みだしている今日、(略)このアンソロジーは、そうした時代に向けて差し出す1冊でもある。――<「解説」より>

製品情報

製品名 神の道化師・媒妁人
著者名 著:椎名 麟三 解説:井口 時男
発売日 2005年01月09日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-198394-6
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『椎名麟三全集』3・5・6・7・9・10(’70年~’72年冬樹社刊)を底本とし多少ふりがなを加筆。