輪廻の暦

講談社文芸文庫
リンネノコヨミ
著:萩原 葉子 解説:町田 康
輪廻の暦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

離婚を戦いとり、1人息子と妹を抱えた生活は窮迫するが、嫩(ふたば)は書くことに生きる光明を見出していく。そんな折り、かつて幼い嫩を捨てて駆け落ちした母を捜して引きとった。こんどは母のわがままと気紛れに翻弄され、執筆時間を奪われる日々が始まる――。
凄絶な苦闘の半生を毅然と描き切った自伝的長篇3部作「蕁麻の家」「閉ざされた庭」につづく完結篇である。

製品情報

製品名 輪廻の暦
著者名 著:萩原 葉子 解説:町田 康
発売日 2002年05月10日
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN 978-4-06-198295-6
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『蕁麻の家 三部作』(1998年10月 新潮社刊)所収の「輪廻の暦」を底本とした。

書店在庫を見る