生家へ

講談社文芸文庫
セイカヘ
  • 電子あり
生家へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生まれ育った生家へ、子どもの頃のままで帰りたい――戦時中、家の下に穴を掘り続けた退役軍人の父が、その後も無器用に居据っていたあの生家へ。世間になじめず、生きていることさえ恥ずかしく思う屈託した男が、生家に呪縛されながら、居場所を求めて放浪した青春の日々を、シュールレアリスム的な夢のイメージを交えながら回想する、連作11篇。虚実織り交ぜた独自の語りで、心弱き庶民の心情に迫った、戦後最後の無頼派の名作


生まれ育った生家へ、子どもの頃のままで帰りたい――戦時中、家の下に穴を掘り続けた退役軍人の父が、その後も無器用に居据っていたあの生家へ。世間になじめず、生きていることさえ恥ずかしく思う屈託した男が、生家に呪縛されながら、居場所を求めて放浪した青春の日々を、シュールレアリスム的な夢のイメージを交えながら回想する、連作11篇。書き留め続けた純粋な生の光景、虚実織り交ぜた独自の語りで、心弱き庶民の心情に迫った、戦後最後の無頼派の名作!

製品情報

製品名 生家へ
著者名 著:色川 武大 解説:平岡 篤頼
発売日 2001年05月10日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-198257-4
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 1979年7月、中央公論社刊『生家へ』を底本とし若干ふりがなを加えた。初出誌:「海」作品1(S52.10月)作品2(同11月)作品3(同12月)作品4(S53.2月)作品5(同3月)作品6(同5月)作品7(同6月)作品8(同8月)作品9(同9月)作品10(S54.1月)作品11(同4月) 黒い布「中央公論」S36.11月号

書店在庫を見る

オンライン書店で見る