天国が降ってくる

講談社文芸文庫
テンゴクガフッテクル
  • 電子あり
天国が降ってくる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

主人公・葦原真理男は、九州の没落した旧家の末裔。新聞社に勤める父親の転勤によりロシアに暮すが、高校受験のために単身で帰国。父の友人の若い大学助教授・中之島妙子の家に寄寓し、異国からの転校生として特異な日常が始まる。高速回転する真理男の精神は、やがて晩年の感覚を所有し、自己昇華をめざす。パロディを駆使し、自意識を追究した、島田文学の初期集大成。

製品情報

製品名 天国が降ってくる
著者名 著:島田 雅彦 解説:鎌田 哲哉
発売日 2000年10月10日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-198231-4
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る

オンライン書店で見る