ペンギンとざんたい

ペンギントザンタイ
ペンギンとざんたい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一年生からひとりで読める、絵本の次は幼年童話です。50のペンギンたちのだいぼうけん。動物好き、探検好きのお子さんにぴったり!
ともに日本を代表する、児童文学者の斉藤洋と絵本作家の高畠純の最強コンビによる大人気シリーズ。1991年に『ペンギンたんけんたい』でスタートした「ペンギン」シリーズは、『ペンギンたんけんたい』の38刷11万3000部をはじめ、シリーズ累計30万部超のロング・ベストセラーとなっています。

【内容紹介】
 ここはヒマラヤ。山の頂上にユキヒョウが座っていると、空からおかしな音がきこえてきました。なんと、それは飛行船。そこに乗っているのは、50のペンギンたちです。飛行船から山の頂上に飛び降りたペンギンたちは、次々に崖をすべりおりていきます。 「ぼくたちは、ペンギンとざんたいだ!」 ……でも、山のてっぺんにやってきて、そこからすべっておりるのは、「とざん」ではなく、「げざん」なのでは?
シリーズ11作目の『ペンギンとざんたい』で、50のマイペースなペンギンたちと、かれらにほんろうされる動物たちのユーモラスなやりとりは健在です。今回の舞台はヒマラヤ。登場する動物は、ユキヒョウ、ヤク、レッサーパンダです。

※1年生漢字の一部を使用、漢字にはすべてルビ付き

製品情報

製品名 ペンギンとざんたい
著者名 作:斉藤 洋 絵:高畠 純
発売日 2013年11月26日
価格 定価:1,210円(本体1,100円)
ISBN 978-4-06-198195-9
判型 A5
ページ数 80ページ
シリーズ どうわがいっぱい

著者紹介

作:斉藤 洋(サイトウ ヒロシ)

1952年、東京都生まれ。。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。その他、「ペンギンたんけんたい」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ(ともに講談社)、「白狐魔記」シリーズ(偕成社)、「西遊記」シリーズ(理論社)、「ナツカのおばけ事件簿」シリーズ(あかね書房)など著書多数。

絵:高畠 純(タカバタケ ジュン)

1948年名古屋生まれ。愛知教育大学美術科卒。1983年、『だれのじてんしゃ』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。2004年、『オー・スッパ』で日本絵本賞を、2011年、『ふたりのナマケモノ』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。このほか、西部美術館版画大賞展、バーゼル国際美術展、ニューヨークアートEXPO展、C.W.A.J.現代版画展などに出品。斉藤洋氏とのコンビでは『おはなし12か月 飛べ! マジカルのぼり丸』(講談社)など、多くの作品がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス