駅・栗いくつ

講談社文芸文庫
エキクリイクツ
著:幸田 文 解説:鈴村 和成
  • 電子あり
駅・栗いくつ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「男と女のなかには距離がひそむ。親子のあいだにも寸法は残されている。駅も距離だし、国も距離だし、ことばも距離だし、風も著物も距離だ」(『駅』「さとがえり」)ーー男と女の縁、夫婦、親と子、幼な友達、嫁と姑。ささやかな日常の中に人生の機微を掬い取り、鮮やかに命を吹き込む、幸田文の強靱な感性。連作的随筆『駅』の12章と小説『栗いくつ』を収録。

製品情報

製品名 駅・栗いくつ
著者名 著:幸田 文 解説:鈴村 和成
発売日 1998年12月10日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-197645-0
判型 A6
ページ数 262ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 『幸田文全集」第9巻(1995年8月、岩波書店刊)。

オンライン書店で見る